血圧&心拍数が低下!
水族館の驚くべき健康効果!!

科学的に証明された水族館の癒し効果

水族館のクラゲ展示や、クラゲの映像でリラックス効果や癒し効果、また自律神経が整うことは様々な実験によって科学的に実証されたことは、『なぜ、クラゲの映像で自律神経が整うのか?』のページで述べた通りですが、ただ、水族館に行くだけでも大きな健康効果が得られることも近年の研究によって分かってきました。

家族のレジャーやカップルのデートスポットとして定番の水族館ですが、実はそこは健康利益を与えてくれる優れたヒーリングスポットだったことが、イギリスの研究機関によって発表されたのです。2015年8月、イギリス・国立水族館とプリマス大学、エクセター大学は、「水族館の展示を眺めていると血圧と心拍数が低下する」という共同研究結果を発表しました。研究チームは国立水族館が改修された際に、全長14.3m×幅6.2m×深さ6mの巨大水槽が導入されるのを機に研究をスタートさせました。その水槽ではイギリス周辺の海洋生態系が再現されました。

研究チームは場所を特定し、来場者や協力者などの気分や血圧、心拍数を測定。鑑賞前後で比較したところ、水槽の前で過ごす最初の5分で対象者の上下の血圧値や心拍数が明らかに低下し、さらに続く5分で次第に落ち着いてリラックスした気分になっていったといいます。それは海洋生物の数や種類が多いほうが水槽前で過ごす時間が長くなり、心身へ良い影響を与えるとしています。

プリマス大学のサビーヌ・バール准教授は「大規模公共水族館は教育的効果に焦点をしぼることが多いが、我々の研究が示唆しているのは、水族館はまだ知られていない数多くの利益を来場者に提供できるだろうということだ。仕事のストレスが高まる時、群衆の中で孤独を感じるとき、水族館は平静さを取り戻しリラックスできるオアシスの役目を果たすことも可能なのである」と語っています。

またエクセター大学のマシュウ・ホワイト博士は「我々の知見は、高度の管理されたセッティングにおいて健康福祉上の改善が可能であり、アウトドアの自然環境にはめったに触れることができない人々のためにエキサイティングな可能性を提供するものである。もし我々が発見したこれらの知見の下に潜むメカニズムを明らかにできれば、我々は容易に自然には接触できない人々の健康状態をより効果的に改善することができるようになるだろう」と語ります。

「自然」環境の中で過ごす時間が人の気持ちを穏やかにする効果をもたらすことが報告されていますが、水面下の世界のもたらす効果については極めてわずかな研究しか存在しなかったという筆頭研究者で国立水族館主任研究官のデボラ・クラックネルは、本研究が重要な第一歩になると信じているといいます。

【出典】

『水族館でリラックス効果 血圧・心拍数に好影響』
http://diamond.jp/articles/-/78756

『水族館は健康利益をもたらします 』
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/

歯医者の水槽を眺めて痛みが和らいだ患者さんも

また、今回の研究は巨大水槽が対象ですが、小さなアクアリウムが心身の健康に及ぼす良い効果も見のがせないといいます。例えば、歯医者や病院の待合室や、オフィスの一角に備えられたアクアリウムなど、そのリラックス効果を意図したものだと考えられます。実際にクリニックや歯医者に熱帯魚水槽をレンタルしている業者には、多くの問い合わせがあり、ある歯医者さんの話として「患者さんの中に水槽を見ていると痛みが和らぐとおっしゃっている方もおられます」と紹介しています。その効果には個人差があると考えられますが、こうして多くの病院や歯医者、またオフィスなどで小さなアクアリウムを導入している現実からも、心身に癒しをもたらす効果があることが伺えます。

【出典】

『熱帯魚水槽をクリニック・病院に設置』
http://www.feed-on.com/merit03.html

血圧&心拍数が低下!
水族館の驚くべき健康効果!!

科学的に証明された水族館の癒し効果

水族館のクラゲ展示や、クラゲの映像でリラックス効果や癒し効果、また自律神経が整うことは様々な実験によって科学的に実証されたことは、『なぜ、クラゲの映像で自律神経が整うのか?』のページで述べた通りですが、ただ、水族館に行くだけでも大きな健康効果が得られることも近年の研究によって分かってきました。

家族のレジャーやカップルのデートスポットとして定番の水族館ですが、実はそこは健康利益を与えてくれる優れたヒーリングスポットだったことが、イギリスの研究機関によって発表されたのです。2015年8月、イギリス・国立水族館とプリマス大学、エクセター大学は、「水族館の展示を眺めていると血圧と心拍数が低下する」という共同研究結果を発表しました。研究チームは国立水族館が改修された際に、全長14.3m×幅6.2m×深さ6mの巨大水槽が導入されるのを機に研究をスタートさせました。その水槽ではイギリス周辺の海洋生態系が再現されました。

研究チームは場所を特定し、来場者や協力者などの気分や血圧、心拍数を測定。鑑賞前後で比較したところ、水槽の前で過ごす最初の5分で対象者の上下の血圧値や心拍数が明らかに低下し、さらに続く5分で次第に落ち着いてリラックスした気分になっていったといいます。それは海洋生物の数や種類が多いほうが水槽前で過ごす時間が長くなり、心身へ良い影響を与えるとしています。

プリマス大学のサビーヌ・バール准教授は「大規模公共水族館は教育的効果に焦点をしぼることが多いが、我々の研究が示唆しているのは、水族館はまだ知られていない数多くの利益を来場者に提供できるだろうということだ。仕事のストレスが高まる時、群衆の中で孤独を感じるとき、水族館は平静さを取り戻しリラックスできるオアシスの役目を果たすことも可能なのである」と語っています。

またエクセター大学のマシュウ・ホワイト博士は「我々の知見は、高度の管理されたセッティングにおいて健康福祉上の改善が可能であり、アウトドアの自然環境にはめったに触れることができない人々のためにエキサイティングな可能性を提供するものである。もし我々が発見したこれらの知見の下に潜むメカニズムを明らかにできれば、我々は容易に自然には接触できない人々の健康状態をより効果的に改善することができるようになるだろう」と語ります。

「自然」環境の中で過ごす時間が人の気持ちを穏やかにする効果をもたらすことが報告されていますが、水面下の世界のもたらす効果については極めてわずかな研究しか存在しなかったという筆頭研究者で国立水族館主任研究官のデボラ・クラックネルは、本研究が重要な第一歩になると信じているといいます。

【出典】

『水族館でリラックス効果 血圧・心拍数に好影響』
http://diamond.jp/articles/-/78756

『水族館は健康利益をもたらします 』
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/

歯医者の水槽を眺めて痛みが和らいだ患者さんも

また、今回の研究は巨大水槽が対象ですが、小さなアクアリウムが心身の健康に及ぼす良い効果も見のがせないといいます。例えば、歯医者や病院の待合室や、オフィスの一角に備えられたアクアリウムなど、そのリラックス効果を意図したものだと考えられます。実際にクリニックや歯医者に熱帯魚水槽をレンタルしている業者には、多くの問い合わせがあり、ある歯医者さんの話として「患者さんの中に水槽を見ていると痛みが和らぐとおっしゃっている方もおられます」と紹介しています。その効果には個人差があると考えられますが、こうして多くの病院や歯医者、またオフィスなどで小さなアクアリウムを導入している現実からも、心身に癒しをもたらす効果があることが伺えます。

【出典】

『熱帯魚水槽をクリニック・病院に設置』
http://www.feed-on.com/merit03.html

COPYRIGHT © 2016 HEALING AQUARIUM ALL RIGHTS RESERVED.